RPA DIGITAL WORLD OSAKA 2019

 11月22日 グランフロントにて開催された
 RPA DIGITAL WORLD OSAKA 2019 へ行ってきました。

      

 コンサル会社様のお話から、メーカー様のお話まで本当に
 もりだくさんのお話を聞くことが出来て、頭フル回転の一日でした。

 RPA導入においての失敗例がとても多いとのこと。
 それは、RPA導入の本来の目的がずれているからだと皆さんのお話。

 現状の業務をそのままRPA化させても効率化が出来るわけではない。
 RPAを導入することで社内業務全体を再構築し、
 その中で出てきた余裕をもって付加価値業務を行う。
 社内全員が定時帰りをする。

 確かに、今の仕事の一部をRPA化させれば合格!と思っている企業が
 多いかもしれません。

 「働き方改革」のおかげで日本では導入を試みる企業が多いよう
 ですが、そもそもの目的を達成できている企業はごくごく少数とのこと。

 根本的な部分を突かれた感じがします。

 ただ単に取り入れればいい訳ではない。
 環境が変わっていけば、仕事の仕方も変えていなければならない訳ですね。

                    シニアマネージャー 岡村

 

クイズ

今月は、消費増税を機に広まりつつあるキャッシュレス決済について、店側が支払う
決済手数料についてのクイズです。

 ①クレジットカードの決済手数料は課税か非課税か

 ②LINE Pay nanaco などチャージ方式の決済手段の決済手数料は課税か非課税か

 

 

                                答え ①非課税 ②課税

 

 解説 
 ①は、信販会社への金銭債権譲渡となり消費税は非課税扱いになります。
 他にQUICPay・iD などもこれに該当。
 ②は交通系電子マネー・楽天Edy 等多数の手段が該当します。

 3%超負担となる決済手数料も気になりますが、店側としては顧客獲得のため、
 上手く利用したいものですね。

 

                              プロダクトグループ 伊藤
                             ~トクちゃん新聞 令和元年11月号より~

不動産購入時に支払う「固定資産税清算金」…実は「固定資産税」ではありません!

固定資産税とは・・・1月1日に土地や建物等の固定資産を所有している人に課せられる税金です。
年の途中で土地や建物を売却しても、1月1日現在の所有者が全額を納税する義務があります

例えば、土地建物の売買が4月1日付であったとします。
その場合、売主は土地建物を所有していない4月1日~12月31日の期間分も、固定資産税を負担することになります。
そこで、買主所有期間分の固定資産税相当額を「固定資産税清算金」として、買主に負担してもらうというケースがよく見られます。

実はこの「固定資産税清算金」、「固定資産税」ではありません!
「固定資産税」は、あくまでも1月1日現在の所有者が納める税金のことです。
したがって、「固定資産税清算金」は、租税公課として支払時に経費とすることは出来ません
不動産の取得価額に含めることになります。ご注意ください。

 

                           アドバイザグループ 大熊
                          ~トクちゃん新聞 令和元年11月号より~

「エアロスナップ」をつかってマルチディスプレイに!

「タイトルだけでは何のことだかさっぱり…」という方も多いかと思います。
私も仕事中に活用はしていたものの、正式な名称は最近まで知りませんでした…。

Windows対応キーボードをお使いでしたら「Windowsキー」が付いているかと思います。
このボタン、単体で押すとWindowsメニューが表示されますが、
Windowsキー」+「←」「→」で、2つのウィンドウを左右に2分割して表示することが可能です。
 
  
   
 
 
インターネットで調べ物をしながらWordで文書を作成したり、2つのExcelファイルを並べてコピペを繰り返したり…ご活用いただけるシーンが沢山あるかと思います。是非ご活用ください!

 

                            プロダクトグループ 永山
                         ~トクちゃん新聞 令和元年11月号より~

 

 

 

進化するスマホ申告

「国税庁ホームページ」の確定申告書等作成コーナーでは、平成30年分から確定申告書の作成、e-Taxによる送信(提出)ができるようになっています。
しかし、平成30年分は、医療費控除や寄付金控除を受ける人など、利用者が限られていました。

 

 令和元年分からは、2か所以上から給与を受けている方/年末調整が未済の方(途中退職者など)/公的年金等の収入がある方に対応し、控除部分についても、医療費控除と寄付金控除に限定せず、全ての控除項目(生命保険料控除等)に対応するそうです。これらの申告内容の場合は、スマホでスマートに申告されても良いかもしれません。

  令和2年1月31日からは、スマートフォンからマイナンバーカードを利用したe-Tax送信のサービスが開始となる予定です。マイナンバーカードの利用の幅も広がりますね。

 

 ただし、住宅ローン控除を利用したい場合や不動産や株式などの売却がある場合は、スマホ申告には対応していないので、PCからの申告になります。

 また、複雑そうな申告の場合や、ご自身での申告がご面倒な場合は、早めに弊社にお声がけいただきご依頼ください。

 

                              プロダクトグループ 廣島
                            ~トクちゃん新聞 令和元年11月号より~

 

“キャッシュレス決済ポイント還元”の経理処理

 10月1日より期間限定で始まった「キャッシュレス決済ポイント還元」について、
大手コンビニ各社等は、即時充当と呼ばれる方式により購入者に
ポイントを還元しています。

 この即時充当方式は、購入時の支払金額にポイント還元制度の
ポイント相当額をその場で充当するものであり、商品価格の何%かを割引くような
値引をしているわけではありません

 よって、充当されたポイント相当額は雑収入(消費税不課税)として
経理処理することとなり、レシート記載の購入商品が消費税課税対象であれば、
そのまま税込価額を課税仕入として処理することとなります。

例えば、コンビニで1,100円の消耗品を購入し、その2%の22円が即時充当
された場合は次のような仕訳になります。

 

    < 借 方 >                    < 貸 方 >
 消耗品費(課税仕入) 1,100     現金(電子マネー等) 1,078
              雑収入(消費税対象外)   22

 

                       アドバイザーグループ 北岡
              ~トクちゃん新聞 令和元年11月号より~

お寿司と牛タン

弥生株式会社様のイベントに登壇することになり、
札幌・仙台とそれぞれ、岡村・北岡と出張してきました。

    

ほどよい緊張の中、お役目を果たしてきました。
もちろん、せっかくなので札幌ではお寿司をいただきましたが、
想像通りおいしかったです。
仙台の牛タンは、これは想像以上においしかった!
11月は名古屋。みそカツをいただいて来ようと思っています。

美味しい名物料理はオマケですが、
たくさんの同業の方の前で弊社の取組を発表させていただく機会を
与えてくださった弥生株式会社様には、本当に感謝しております。

岡本社長、ありがとうございます!

                税理士 徳野文朗
                ~トクちゃん新聞 令和元年11月号より~

 

今年も「年末調整セミナー」を行いました

 去年に引き続き、今年も弊社の顧問先様対象の
 「年末調整セミナー」を開かせていただきました。
 14時から16時半まで長時間ご参加くださいまして
 ありがとうございます!

 前回は「実践!」ということで、日頃給与システムに任せている
 年末調整を実際に手計算していただこうという内容でした。
 今年は、少しでもスムーズに処理していただけるよう、
 あえて「基本」をしっかりとおさえていただくことを目的とさせて
 いただきました。

 言葉の定義も難しいですし、表現もわかりにくいものが多いです。
 そこをかみ砕いて馴染みやすい表現でお伝えさせていただいた
 つもりですが、皆さまはご理解していただけたでしょうか。

          

            

 ただでさえ1年に1度の処理。
 前回の改正があったところですが、
 また令和2年分より変わる点が多々。。。 

 例年、ご参加いただいた皆様からは多数のご質問・疑問が
 出てきます。
 それは、日頃ご不安を抱えながら対応してくださっていることの
 現れですね。

 少しでも皆様のご不安を払拭できる存在でありたいと思います。
 年末調整、いいスタートを切りたいですね。

 

               シニアマネージャー 岡村香代

 

トクちゃん新聞 令和1年11月号

PDFをダウンロードする

ストックホルムへ行ってきました。

こんにちは、
アドバイザーグループの大熊です。

だいぶ前のお話なのですが、お盆休みにストックホルムへ行ってきました!
一番の目的は、去年渡欧した友達に会いに行くこと。懐かしい顔を見ることが出来て、話も弾み、本当に良い時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、ストックホルムの風景。
街中で適当にシャッターを切るだけで絵になるような、オシャレなところでした。。
治安も非常に良くて、夜に出歩いても全く問題ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、泊まった水上船ホテル。
意外にも寝心地抜群!窓からの眺めも最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、北欧の海賊『バイキング』をモチーフにしたレストラン。
お客さんが入ってくるたびに海賊みたいな格好をしたスタッフさんが
「野郎ども~!◯◯からはるばるやって来た新入りの●●と▲▲だ。わが家族へようこそ!」
と角笛を鳴らして大歓迎してくれるんです!私もばっちり歓迎されました笑

ストックホルム、本当に素敵なところでした。
また行きたいです!

 

 

 

おまけ…行きの飛行機での機内食。

 

 

 

 

 

 

アルミホイルの下からお米が出てきて、
まさかのトリプル炭水化物でした。。笑
でも、美味しかったです!